FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます(〇´ω`〇)

あけましておめでとうございます<(_ _)>

半年ぶりでしょうか、前回の更新以後、徐々にリアルへと移行していました・・・
その間足を運んできてくだすったみなさんありがとうございました(´Д`:)

現在は就職活動に向けての準備真っ最中で今月から鬼畜スケジュールがスタートする予定です(゜∀゜)

みなさまにとって実りある1年になりますように(ー人ー)

ではまた(´・ω・`)ノシ

追記でコメ返

続きを読む

スポンサーサイト

みーてぃんぐ(`・ω・´)

おはようございますー休みなのになぜか休めていない雨ですw(ノ∀`*)

昨日は朝10時と午後1時半からそれぞれ2時間ボランティアメンバーで集まり、新リーダーなどの役職決めや、報告会準備に向けてのミーティングを行いました!
DSC_0315.jpg

その後2グループに分かれて、ダイアログ(一人一人の思いをみんなで共有するプチ会議)を行い、これからの全体的な目的を確認しました!
DSC_0312.jpg

DSC_0313.jpg

これからまた活発的に始まるのかと思うとやる気がみなぎってきます(´ψψ`*)みなさんもどうぞ応援のほどをよろしくお願いします!

ではまた(´・ω・`)ノシ

きっかけバス活動記4

どうもー雨です(゚Д゚)ノ

今日はとても暖かくて気持ちの良い日でした。

今回はこれまでの通じての総括と番外編をお届けします。



 私がこの活動を通じて一番感じたことは、自身の東北や災害についてあまりにも「無知」であったことでした。それは、自身が体験したことやお聞きした話が氷山の一角に過ぎないからです。
 この活動を終えて、これをご覧いただいているみなさんにも、自分の体験を共有していただいた上で、東北で起きたことを忘れないで、もっと防災について考えていただければそれが私の一番の幸福です。いざというとき、自身の大切なものを守るために、是非考えてみてください。とても長く、稚拙な文章にお付き合いいただいた方々誠にありがとうございました。

 さて、まじめなお話はここまでにして、ここからはみなさんもここに行ってみたい!と思えるようなグルメや景色をすこしではありますが紹介していきたいと思います!

活動1日目の夕食で訪れた復興屋台村では、新鮮な魚介を生かした海鮮丼を頂きました。活きはもちろん、厚さ5cm以上はある肉厚のお刺身がこれでもかというほど丼にのっていて、男の私でもその丼だけでお腹いっぱいになるほどとてもボリューミーでした( ̄◇ ̄;)
DSC_0129.jpg

付け合せで出てきたあら汁は、野菜の芯まで味が染み込んでいて、思わずご飯をおかわりしてしまいました( ̄▽ ̄;)
DSC_0130.jpg

活動1日目陸前高田で撮影したとある山
DSC_0122.jpg


今ではレプリカ化されている一本松
DSC_0120.jpg

 活動2日目の朝にホテルから撮影した景色です!とても綺麗な朝焼けでした(*´∀`*)
DSC_0132.jpg


 活動2日目の昼食は南三陸町のさんさん商店街のお店では、キラキラ丼を食べてみました。
DSC_0140.jpg

2日続けて海鮮丼ではありましたが、いくらの量の多さに驚きまた、何日続けても食べられるくらいとても美味しかったです・・・みなさんも一度は食べてみて欲しい!><;
DSC_0141.jpg


まだまだ伝えきれてはいないのですがこれで活動記とさせていただきます!ではまた(´ー`)/~~

きっかけバス活動記3

こんばんわ、雨です(´-ω-`)

 昨日の朝方愛媛県の方で地震がありましたね、自分も近くも遠からずの場所に住んでいるので、少しはゆれたのですが、みなさんは大丈夫だったでしょうか?こういった時にも冷静で迅速な対応ができるように、日頃から有事の時に対して考えておきましょう。

 さて、本日は活動記3になります。


 活動日1日目の夜に同じ宿に宿泊していたきっかけバス京都・徳島のメンバーとともに、3府県合同ミーティングを行いました。そこで府県ごとに2名づつのグループにわかれ6人1グループを再編成し、復興とは何か?自分の中で一番大切にしているものは何か?という2つの点について、皆で話し合い、それを全体に共有するというものでした。やはり、約120人
それぞれの考えや思いがあり、自分だけでは考えつかないようなものもあったので、とても有意義な時間を過ごせたと感じました。

 活動日2日目は朝から、昨日に宿泊したホテルで語り部をされている釘子さんのお話をお聞きする機会がありました。
 その地震は車がバウンドするほどの強い揺れを引き起こし、海上では約80km/h、地上に上がっても40-50km/hの速さと10tトラックが衝突するくらいの強さを伴った津波には高いところで20m近くに達し、浸水地域でなかった場所の犠牲者が多いことを最初に話されていました。
 それから釘子さんと数人のメンバーが中心となって運営していた避難所について触れられていました。
 避難所で大切なこととして、いくつかのものを挙げられていましたが、一番起こしてはいけないことは、人々のパニック行動でした。尋常ではない災害時、普通の人がおかしくなることはありえ、他の場所では治安が悪化するケースもあったそうです。
 特に災害発生から1週間以内はパニック行動が起こりやすいので、そうならないように安心感を継続できるような避難所作りをすることが大切だと話されていました。
 また日頃から、自分の身の回りにある避難所を確認し、そこが本当に安全なのかどうかということ、そこに備蓄がどれくらいあるのかを調べてみるなど、私たちが日頃からできることを教えて頂きました。また、甘いものがあることで、かなり人々の安らぎ具合が違ってくるそうで、避難キットの中にドロップの缶をいれておくことを進められていました。
 釘子さんは話の終盤で私たちに対して「あなたたちは災害に遭わないと思っているでしょう?」と問いかけてきました。わたしは後ろ頭を思いきり殴られたような気分で、これまでの自分の防災意識への甘さをいやというほど痛感しその時は気持ちの整理がつきませんでした。そうした問いかけも私たち一人一人が日頃から防災に対して考えておけば、自分だけでなく自分にとって大切な人も守ることができると伝えられているように後になって思えました。

DSC_0135.jpg

↑見送りにきてくれた活動日1日目のホテルの従業員の方々

 そのお話の後、私たち島根のメンバーは、リアス・アーク美術館という被災物を展示している場所へ訪れました。そこには震災について考えるために「キーワード」を設定し、パネルで展示していました。また、被災物の横にはそれに関する話が添えられていました。その中から私が特に印象に残ったものを紹介したいと思います。
 この美術館に展示されている被災物の中で最も記憶に焼きついているのは土にまみれたピンクのデジタルカメラでした。その横にはその持ち主の母親であるだろう人が、娘が海の様子を見にいってくるといって、デジカメを持ち出して出かけたまま帰ってこず、探しにいこうとすると、周りの人から止められ、後日そのカメラだけが帰ってきたと綴っていました。そのことを思い出して悲しむこともあったかもしれないのに、こうしてそういったエピソードを綴ったのは、災害時に興味本位で動いてはいけないことを私たちに強く伝えようとしているように私には思えました。
 またパネル展示で私が印象に残ったものをいくつか紹介しようと思います。

家・・・墓:津波によって中のお骨ごと流されてしまったお墓を目の前にし、現地入りした記者の方が「これはいくらなんでもひどいじゃないか」と口にしました。

歴史・・・未曾有:今までになかったという意味で「未曾有」という言葉がある。しかし、昔からこの地域における津波の被害は歴史的資料にも残されている。「未曾有」ではなく、過去最大という方が正しいだろう。

この他にも私たちが教訓にすべき言葉はたくさんありましたが、私がこれらの中で最も印象にのこったものは次のものでした。

自然現象・・・津波:
「津波はあくまで自然現象であり、その被害の大小は人々の日々の生活の在り方によって変わる」

この言葉を目の前にしたとき、その日の朝に釘子さんから聞いた話を思いだし、また自身への防災意識への甘さを痛感することとなり、一人一人がもっと防災について考えるべきだと感じました。

これらの言葉がみなさんに響くことがあれば幸いです。

 その後お昼を南三陸さんさん商店街で頂いた後に、震災当時は消防士をされていた語り部の佐藤さんの案内の元、海抜18mの高さにある戸倉中学校を訪れました。そこでは、当時のままの姿を残すものが多くありました。津波が最大到達点に達した時、体育館と校舎の間から回り込んできて18mの高さにあったこの中学校の1階部分までつかってしまったそうです。したから車で上がってきてていた人々や、避難誘導をしていた教師の方と避難していた生徒1名が津波にさらわれてしまいました。また、その日の18時頃に津波に飲まれながらも奇跡的に生還された佐藤さんの同僚の方が見つかり、震災の3日ほど前に救命訓練をしていた戸倉中学校の生徒たちの頑張りの甲斐あって、その同僚の方は一命を取り留め、その方から、当時の防災庁舎の様子について話を聞くことができたそうです。
DSC_0148.jpg

あの日の時刻まま止まった時計

DSC_0150.jpg
 
戸倉中校舎

DSC_0149.jpg

校舎から体育館へのわたり廊下、ここから津波が上がってきた

 防災庁舎に訪れたとき、そこにはたくさんの献花や千羽鶴などが備えられていました。そこでは、職員など約50名が当時職務にあたっていましたが、助かったのは8名だけでした。全てが一瞬の内に流され、助かった方は海水を飲みながらも変形した階段の手すりにつかまっていたそうです。またこの防災庁舎を取り壊すかどうかについて、町の中だけではなく、一家庭内の中でも残すべきだという意見と今すぐにでも取り壊してもらいたいという意見で対立しており、複雑な問題として浮上してきています。

DSC_0151.jpg


 活動最終日、福島の除染プラザへ移動し、そこで放射線の正しい知識というものを学びました。まったくもって鵜呑みにしたわけではありませんが、部分的には放射線に対する考え方を考えていかなければならないと思いました。

以上が今回のボランティア活動の大まかな内容とそこで私が感じたこと、考えたことです。この記事をご覧頂いた方で、防災について考えてみよう、この情報を広げようと思っていただければ幸いです。

次回は番外編をお送りします。ではまた。

きっかけバス活動記2

こんにちわ!雨です(*´∀`*)

前回は活動記1ということで、すでに何人かの方が見てくれているようです~ありがとうございますm(_ _)m

2回目の今夜は 現地編 前編 です!


 現地にいくまでの募金活動や広報活動を行っていく中で、こんなにも心温まるものがあるんだということを実感し、その思いに応えようと、活動でより積極的に取り組むようになっていきました。
 また、出発の1週間前から既に出発していた、岐阜県をはじめとする他の県のバスの活動報告を見るたびに、自分たちもしっかりやってくるんだというやる気にみなぎっていくのを感じました。

 そして出発式当日、最初の目標であった40人のメンバーが集まり、一人一人が各々の思いや決意を発表していきました。私は、自分の中で変化をもたらせるようにすることを目標として掲げた他、メンバーの一人が以前にも東北を訪れたとき、現地の人とどう接していいかわからず落ち込んでいると、現地の方から「笑って」と言われたエピソードを語っていました。
 私はその話を聞き、「現地では明るい笑顔」を忘れないことをもう一つの目標として掲げました。

 そして、1日目の岩手県陸前高田市の地に足を踏み入れた時、そこには更地が広がる荒野のイメージさせるような殺伐とした風景が広がっていて、「思ったよりも更地が多いな」と思い、近くに目をやれば建物の土台部分だけが残っている場所が多く、津波の破壊力を物語っていました。
DSC_0115.jpg

 最初に元は陸前高田駅のロータリーがあった場所から、津波の到達点がわかる建物がある場所まで、駅前と住宅地が広がっていた場所を歩いていきました。

DSC_0112.jpg

 家の土台部分や、食器などの生活用品が生々しく残っていて、あの時からそこだけ時間が止まっている印象を受けました。
 歩いていてふと目をやると、ある住宅跡地の前にあった枯れかけた献花に目がとまり、震災から3年が経とうとしている今、被災しなかった人々の記憶もこうなっているのだろうかと重ねてみる自分がいました。

DSC_0117.jpg


 建物に着いた時、最初はその建物の屋上にまで到達したのかと思っていました。しかし、実際には屋上にはゆうに到達し、屋上から経つ看板の最上部近くまで達していることを聞き、あまりの高さに全く実感が湧いてこなかったのことを覚えています。
 
 その後海と沼がつながってしまった場所で行方不明者の痕跡を探す、詮索作業を行いました。昼休憩を挟み、約80人ほどで半日ほどかけて作業を行いましたが、出てきたものは、割れたおわんと看板のみでした。自身も何か痕跡が見つかればいいと願いながら作業をしましたが、ついに何もでてくることはありませんでした。

ボランティア1

 また作業の間に、現地の方から震災前までそこにあった場所の写真を見せて頂き、話を伺う機会があり、あまりに違いすぎる過去と現在に戸惑いを隠せませんでした。

ボランティア2


 作業終了後、現地のボランティアの団体の方からお話があり、そこから被災者の気持ちをわかったふりをしないこと、どれだけ頑張っても震災はなくならないこと、自分の命を守った上で、どれだけ人を助けられるかということの話をされるとともに、津波で家を流された低地の住民と流されなかった高台の住民の間に心の壁ができていて、ひどいところだと、お互いに顔も見合わせたくない状態であり、イベントなどを行う中で、なんとか心の壁を払拭することはできないか努力しているが、その壁が根深いことなど、現地に行かなければわからない貴重なお話を聞かせていただくとともに、自分がこれまで一度も鑑みることができなかった、被災者の目線にたつことを痛感させられたような気がしました。
 
ボランティア3


 ここまでが出発するまでと初日の行動及び自身が見聞きして感じたことなどをおおよそ綴りました。

 次回は、2日目の活動を中心に今回のような形式をとっていこうと思います。

 ではまた。
 
プロフィール

雨

Author:雨
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。